バイナリーオプションの凄腕プレイヤーになる!

バイナリーオプションの業者の選び方

バイナリーオプションは、一定の時間に区切られた中で、指数がそれよりも上回るか下回るかを予測する金融商品です。ジャンルとしては、金融先物取引の一種になりますが、従来の取引と異なり、指数の上下幅に対して利益が出るのではなく一定の指数を上回るまたは下回るといった結果によって、配当が行われる仕組みです。このため、外れると投資した金額のすべてを失いますが、当たると払戻率に応じて、1.8倍程度までの支払いを受けることができます。ハイリスク・ハイリターンですが、参加できる金額も比較的低く、払戻率も高いというメリットがあります。
バイナリーオプション取引を扱っている業者としては証券会社と金融先物取引業者の2つを利用することになります。またバイナリーオプションも国内業者と海外業者があります。国内業者の場合には国内の自主規制に則って運用されており、また大手ネット証券も多く参加しているので、安心して取引を行うことができます。一方で、取引を行う前には簡単なテストを受ける必要があります。これはバイナリーオプション取引ではハイリスク・ハイリターンであるため、実際にどのような損害が出るのかをしっかりと理解しておく必要があるためです。このためFX取引などとは異なり口座を開設してすぐに取引が開始されるわけではなく、またテストの内容によっては取引を断られることもあります。
海外業者は日本語で提供しているところも多く、国内の規制は適用されないので、テストなどを受けずにすぐに取引が開始できるというメリットがあります。ただし、海外業者には悪質な業者もあり、預けたお金が保護される仕組みがないため、取引以外のリスクが高くなりますが、イギリス大手の電子マネーであるネッテラーを利用して取引を行う業者であれば比較y的、安心して取引ができます。また海外業者では参加者が多いので、バイナリーオプションでもさまざまな取引方法を提供しているメリットがあります。
参考:バイナリーオプション日本の業者で安心取引をするなら迷わずココを選べ!

 

 

バイナリーオプションが投資初心者におすすめな理由とは

 

一昔前までは、株取引の様な投資は莫大な財産を持つ資産家がより資産を増やすために行うといったイメージがあったものです。ですがインターネットが普及して、ネットを使い、空いた時間でも手軽に取引が行える様になった事で、サラリーマンやOL、主婦といった人達も多く、投資を行う様になりました。その結果、投資というのはかなり身近な存在になったのです。
しかも最近では、株取引だけでなく、FX等の外国通貨取引を行う人もどんどん増えて来ています。というのもこういった外国通貨取引ならば、24時間どこかの市場が開いているのです。そのためサラリーマンが、帰宅後に開いている市場で取引を行い、副業的に儲ける事が出来ます。そしてそんな外国通貨取引の一種として、バイナリーオプションが存在しているのです。
バイナリーオプションは基本的に、短期間で相場で上がるか下がるかを予想するといった非常に単純な仕組みとなっています。そのため上がるか下がるかの二択の中から選び出すといった、実に簡単な予想で済むため、バイナリーオプションならば、投資初心者でも比較的入り易いと言えるのです。
ただしバイナリーオプションに参加するのは簡単ですが、そこで安定して儲けを生み出すとなると、やはり運任せではなく、きちんと相場の流れを読む必要があります。上がるか下がるかの二択とはいえ、運任せで儲けがどんどん得られる程甘くはないです。ただし初心者が外国通貨の取引を覚えるといった意味でも、バイナリーオプションは手軽に始められておすすめ出来る投資法だと言えます。
というのも、バイナリーオプションは少額からでも開始出来る場合が多く、一つの取引が10分から30分程といった短期間で済ませる事が出来ます。なので少額投資を続ける事で、投資のコツや流れを覚える事も可能です。何より一取引が短時間で済むので、仕事終わりのサラリーマンやOLが、空いた時間で取引するのにも、非常に向いた投資法だと言えます。

 

 

バイナリーオプションにおけるレンジ型とは何か

 

バイナリーオプションではいくつかのタイプから投資の方法を選ぶことができます。
その種類はいくつかありますが、そのひとつとなっており、かつバイナリーオプションならではのものとなっているのが「レンジ型」と呼ばれるタイプです。
ではこのレンジ型とは何かというと、端的に説明してしまうと「一定額の範囲内に指定した通貨が収まり続けるかどうか」を予測するものです。
維持し続けると予測するのであれば買いポジション、維持し続けることができないと予測するのであれば売りポジションを取ることになります。
例えば1ドルあたり100.00円でスタートしたとして、設定されたレンジが99.60円から100.40円の間だったとします。
そして設定された時間が1時間だということになると、バイナリーオプションにおいてはその1時間、1ドルあたり99.60~100.40円の範囲内に収まりつづけるかどうかを予測するということになるのです。
もし値動きが少ないだろうと考えるのであれば買い、値動きが大きくレンジ内には収まりきらないであろうと考えるのであれば売りです。
ただしここで注意したいのが、あくまでもレンジ型で重要になるのは「レンジ内に収まり続けることが条件である」ということです。
先ほどの例で言えば、開始から55分時点で一度100.41円まで上昇して、その後すぐに100.40円以下に収まり続けたというような場合であっても、これは一度レンジの外へ出ているわけですから「維持しなかった」という処理になります。
たとえ一度でもレンジ外へ出てしまえば売りポジションが正解だったということになるのですから、買いポジションで持つ判断は難しいと言えます。
かといって売りポジションの方が簡単なのかと言われると、ギリギリのラインを超えるかどうかという予想も難しいため、これもやはり判断が困難な部類に入ります。
しっかりとした相場の動きを予想できる人であれば扱いやすいタイプになり得ますが、そうではないのであればハイリスクハイリターンになるものだとして考えておくべきでしょう。

今から数年前のこと、いつものように仕事から自宅に帰宅して夕ご飯を食べ、部屋でインターネットサーフィンをしていた時に、私は初めてバイナリーオプションという言葉を聞きました。初めてその言葉を知った印象は、とにかく株等のように難しそうなイメージがするなということでした。ところがしっかりと調べていくうちに、株等と違って非常に予想が簡単に出来るということ、今からでもすぐに始められる位に簡単であるということが分かりました。当時の私は本当にただの平凡な会社員でしたので、株やFX等といったいわゆるギャンブルや投資の要素の強いものは苦手で手を出しませんでした。何故なら知識がないので負けてしまう可能性が高かったからです。しかしいつかは投資やギャンブル等で大儲けをして億万長者を目指したいという夢は持っていました。なので暇さえあればインターネットでそういった情報はないものかと探していたのです。そのような私によって、バイナリーオプションを知ることが出来たというのはまさに運命の出会いと言っても過言ではありませんでした。何故か初心者でも億万長者になれそうなワクワクする感じがしたのです。
バイナリーオプションのことを知ってからというもの、私は関連書籍を読み漁ってテクニックやコツ等についても自分なりに勉強してみました。しかしやはり自分で一度やってみた方が手っ取り早いと思ったのです。車の運転と同じで、車の動かし方等について講義形式でずっと聞いているよりも、自分で運転した方が身体で覚えることが出来るので身につくのが早いのと同じ理屈です。
第一回目の取引は残念ながら知識不足もあって負けてしまったのですが、こんなに簡単ならお金に余裕があった時等に継続してチャレンジすることが出来る、じっくりと億万長者を目指せるとの思いを強くしました。数か月経つ頃には大分勝てるようになり、大きな大きな臨時収入となりました。まだまだ億万長者への道は遠いですが、毎日楽しく取引しています。

続きを読む≫ 2015/07/22 12:32:22

投資をするためには多くの資金が必要だったり、専門的な知識がないとできないことが多いです。
しかしバイナリーオプションという投資ならば、そのような条件がなくても利用をすることができます。
バイナリーオプションとは通貨を使った投資方法で、ある時期の通貨が上がるか下がるかでお金をかけます。
上がるか下がるかという条件しかないので、2分の1で勝つことができますからだれでも投資が可能です。
投資をする時のお金も少額から可能で、手持ちのお金が少ない人でも始める事ができます。
ただバイナリーオプションにも問題点はあり、それは国内の金融機関では利用がしづらいことです。
バイナリーオプションはかなりギャンブルに近い所があるので、日本国内では利用が難しいことが多いです。
そのため本格的な投資をしたい時は、海外の業者を利用して行うことになります。
海外のバイナリーオプション業者は日本人向けのサービスを提供しており、簡単な手続きで利用ができるようになっています。
サイトも日本語で書かれていることが多く、担当の人が日本人であることも多いです。
そのためだれでもすぐに利用をすることができますから、この頃は多くの日本人がそういうサイトを利用しています。
またこのような海外のサイトを利用するためには口座にお金を振り込む必要がありますけど、その時はクレジットカードを利用することが多いです。
金融機関を利用した振込でも利用は可能ですが、海外の業者なのでかなり手間がかかります。
それに比べるとクレジットカードならば、すぐに振り込むことができるので便利です。
ただ海外のバイナリーオプション業者を利用して利益を得て、そのお金を日本に戻す時は多少手間がかかることがあります。
海外の業者から日本国内へお金を送る時はいくつか条件があるので、それをクリアしないと利用ができません。

その条件は業者によって違いますから、あらかじめバイナリーオプションを始める前に確認をしておいたほうがいいです。

続きを読む≫ 2015/07/22 12:32:22

お金は天下の回りものといいますが、もしその天下を世界の通貨マーケットととらえるのならある意味頷けます。
二四時間ほぼ毎日お金が行き来しているマーケットでは、誰かの購買意欲と、売却する意図が噛み合うことで価格を左右し続けているからです。
しかしながら、マーケットとFXに焦点をあててみると、世界の通貨と呼ばれる通貨は限られていることが分かります。
世界で一目置かれている通貨は安全性が高いということで、デフレや戦争や有事のさいには買われやすい傾向にあるようです。
でも、一日の値動きが大きい通貨はにはそれもまた魅力的であり、デイトレーダーなどに注目をされています。
イギリスポンドもまたそのような通貨でもあり、イギリス紳士は賭好きという名の通りになっているのかもしれません。
イギリスポンドは初心者向けとはいいにくいですが、その利点をいかせるようになればいい利益になりトレーダー冥利につきます。
イギリスはヨーロッパの中では地理的にユーラシア大陸から切り離されて、国内もイングランド、ウェールズ、スコットランドそしてアイルランドに分かれていて、少し異色な存在です。
そのため彼らの地域の利権などによりマーケットもまた影響されやすく、特に国内問題により価格が変動することもよく目につきます。
昨今の独立騒動などがいい例で、これは現在も続くイギリス社会の争点でもありますが、しかしながらイギリスが不安定な時下では、ポンド価格も不安定な影響をされやすいのです。
円ポンドでの取引をするのなら価格が上がりやすいのはマーケット開始がされての夕方過ぎが目安で、時間帯としては日本人にとっていいとは思います。
けれどもその値動きが予想とはんした場合に、FXにとって痛いことになるおそれもあり油断できないものです。
イギリス紳士のようにギャンブル好きという人ならば、イギリスポンドでFXの一攫千金を狙っても、それが余裕資金であるのならば面白いんじゃないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/07/14 12:10:14

5月になってからレンジ相場になり、それ以来よくわからない動きをしている豪ドル円のトレードを考える時、いつも思うことがあります。この通貨はどうしてこんな動きをするんだろう。日足を見ると、波がどんどん小さくなっているのが分かる。もう、動き出してもおかしくない雰囲気なのにブレイクしない。相場にあるボラの縮小からボラの拡大の原理を完全に裏切っています。今の豪ドル円は、縮小の期間が非常に長く、このパターンは初めてかもしれない。どうしてなのか?原因をいろいろ探っても、わからないことばかりです。そんなとき、とてももやもやした気持ちになります。ポジションを何も持っていないのに、気持ちが落ち着かない。これからの先行きを考えてしまう。すると、恐怖が生まれてくる。今まで、方向感のない相場を数多く目にしてきましたが、大抵1日だったり、2日間だったり、1週間でおさまるケースがほとんどでした。だから、時間が解決する感じで、そこまで考え込むことがなかった。今回の場合、もう2ヶ月が経とうとしています。さすがに怖くなります。方向感のない相場が長く続くことの弊害を考えたことはなかったけど、今回動きのわからない相場が長期にわたって続いたことで、考えるきっかけになりました。私が感じているもやもやや不安は、つまり未知のものへの恐怖だと思います。トレードの時に当てはめると、ポジションを持って損切りになるのかならないかという不安。これと似ていると思います。ただ、違うところは、すぐに解決するかというところ。損切りの場合は、すぐに答えが出ます。だけど、今の相場は2ヶ月が経とうとしているのにどっちに動くんだという答えが出ない状態。それに、豪ドル円で見ると、こんな相場は初めてです。長い長いトンネルの中から出られないような恐怖。損切りになるかという恐怖なんて、その感情に比べたら大したものではないとさえ思います。長期間にわたる方向感のない相場は、私の脳と心をひどく疲れさせるし、本当は怖いと感じる損切りの恐怖までもを鈍らせてしまう威力がある。未知の恐怖はどうしたら克服できるのか?調べてみたけど、克服の方法はないようです。この相場に対しての私の克服法としては、想像しないこと、考えないことですね。

続きを読む≫ 2015/07/14 12:10:14

FXは自分の思うように動かないときがくる、だからいずれ負けます。というのは経験談ですが、予想どおりに動いて勝っているときはあります。全体としてはちょっとずつ負けていくわけですが、たまにドカンと勝つときがあって、それによって大きく元手を増やして倍になったこともあります。しかし、とある急変をきっかけにその貴重なポジションを失うと、無用に取引数を重ねることになり、またそれが思うのとすべてに逆に動きます。10回取引したら1回ぐらいは思うとおりになると思うのが普通の人間ですが、それが10回とも全部負けるという結果を導きます。もちろんその内容を考えると、勝っている状態で決済すれば1回は勝てているわけですが、すべて負けてから決済してしまうわけです。負けていると恐怖心から耐え切れなくなって決済、10回も同じことを繰り返していれば、かなりの損失額になっていることが予想できるでしょう。そうして、それまでの利益が全部消え、さらに意地になって取引数が増えていくわけですが、それがまた思うとおりに行きません。焦りからさっさと利益を出したいとか、利確するタイミングを失ってしまって、いつのまにかまた徐々に負けているパターンに陥って、結局元手がかなりの割合で負けるところまでやって、退場になります。運というかバクチというか、何回も取引していたら、勝てる場面が来ると信じてしまうのですが、そこは甘くありません。そもそも売りか買いの二択だから50%勝てるはずなのに、けっこう負けます。一方で、戦略的に分析してトレードしている場合は必ずしも勝てないものではなく、勝てるものともいえます。ただし、それをやるためには経験と、あとはその人の気長な人柄とか、トレードをしている環境面とか、いろいろと関係してくることがあるため、ほとんどの人は耐え切れず負けて退場することになると思います。勝てないゲームということはない、FXはトレーニングで勝てるかもしれません。

続きを読む≫ 2015/07/14 12:09:14